HOME >レシピ >

マルチケースレシピ

シンガーレシピ
ワークショップで人気!「マルチケース」の作り方
ワークショップにてご好評いただいた、マルチケースのレシピを掲載いたします。
この作品は通帳がちょうど入る大きさで、様々な用途にご活用いただけるマルチケースです。リボンが付いたレター風のデザインはプレゼントにも最適です。
用意するもの
本体生地A(柄/オモテ)USAコットン20×34cm…1枚
本体生地B(無地/ウラ)20×34cm…1枚
リボン(グログラン)1㎝幅×30cm
接着芯(固め)18×32cm…1枚
スナップ1組
作り方
1.
10994_ext_07_0.jpg
zoom_icon.png
(生地A)
生地Aウラ1㎝内側に接着芯を貼る
生地A、Bを中表に重ね合わせ口折り部分を両端から4㎝入ったところを縫い合わせる
オモテに返し、アイロンで整える
2.
10994_ext_07_1.jpg
zoom_icon.png
口折り山が両角から1.5㎝下にくるように生地を挟み三角の山を合わせ「3図」の様に折る
3.
10994_ext_07_2.jpg
zoom_icon.png
接着芯に沿って周りを縫う
角を丸くはさみで切り落とす(5箇所)
口折りの空きから手を入れ布地を表に返し、整える
6.
10994_ext_07_5.jpg
zoom_icon.png
口折りの空きを飾り縫いで縫う(端から3㎝内側)
7.
10994_ext_07_6.jpg
zoom_icon.png
フラップにジグザグ縫いをする
8.
10994_ext_07_8.jpg
zoom_icon.png
フラップの折山をつくる。口折から0.2cm上を内側から直線で縫う。
9.
10994_ext_07_9.jpg
zoom_icon.png
フラップ先端から3㎝入ったところにリボンを縫い付ける
(ドロップフィードレバーのあるミシンは補助テーブルを外し、送り歯を下げ、ジグザグ縫いの振り幅を2㎜で縫うと簡単に縫い付けができる)
10.
10994_ext_07_10.jpg
zoom_icon.png
リボン付け位置から1㎝下にスナップをつける
スナップ付け位置にペンで印を付け、目打ちで穴を空け、
本体にも受けのスナップをとりつける
完成!
10994_ext_07_7.jpg
zoom_icon.png
出来上がったカタチはレター風なので自分に、あの人に thank you! と一緒に プレゼントできます
 
recipe_back_bottom_pc.png
※レシピ・画像の無断転用はご容赦願います