HOME >レシピ >

トートバッグレシピ

シンガーレシピ
ワークショップで人気!「トートバッグ」の作り方
ワークショップにてご好評いただいた、トートバッグのレシピを掲載いたします。
裏地を結ぶだけでバッグの中身が見えないようになっており、かわいいだけではなく、使い心地もとても良いバッグです。ぜひEU2にて刺しゅうを入れたりして、ご活用ください。
用意するもの
〔生地A〕
 本体(11号帆布)48×37cm…1枚
〔生地B〕
 風呂敷部分(USコットン)36×37cm…2枚
 持ち手(USコットン)40×7cm…2枚
〔接着芯〕
 持ち手(厚手/片面接着芯)37×2cm…2枚
6135_ext_05_0.png
作り方
1.
6135_ext_07_0.png
zoom_icon.png
(生地A)
生地端、上から約5cm下がったところに刺しゅうを入れます。
※サンプル作品はEU2にて刺しゅうを入れました。3cmサイズのイニシャルが1文字入っています。
2.
6135_ext_07_1.png
zoom_icon.png
(生地A)
両脇に縁がかりをし、中おもてにして半分に折り、両脇から1cm入ったところをぬいます。
3.
6135_ext_07_2.png
zoom_icon.png
(生地A)
底を三角に広げ、脇のぬい代を片側にたおし、10cmの底マチをつくります。
4.
6135_ext_07_3.png
zoom_icon.png
(生地B 風呂敷部分)
上部三角のところと両脇に縁がかりをし、三角部分は0.7cm内側に折り、0.2~0.3cm入ったところにステッチをかけます。
これを中おもてに合わせ、両脇から1cm入ったところをぬいます。
表にひっくり返しておきます。
5.
6135_ext_07_4.png
zoom_icon.png
(生地B 風呂敷部分)
生地Aの入れ口を2cm幅の三つ折りにします。
生地Bの真っ直ぐな布端を三つ折りの中に入れ、一周ステッチをかけます。
6.
6135_ext_07_5.png
zoom_icon.png
(生地B 持ち手)
生地B(持ち手)に接着芯を貼り、端から0.2~0.3cm入ったところに1周ステッチをかけ、37cm×2cmの長さの持ち手を2本つくります。
7.
6135_ext_07_6.png
zoom_icon.png
(生地B 持ち手)
四角く持ち手を縫い付けます。
完成!
6135_ext_07_7.png
zoom_icon.png
かわいいバッグのできあがり!
お好みでリボンやレースをつけて楽しんでください。
recipe_back_bottom_pc.png
※レシピ・画像の無断転用はご容赦願います